左官工事

平間工業TOPへ >> 左官工事

左官とは?

左官とは、土、セメント、モルタルなどの素材を塗ったり、漆喰仕上げなどの最終的な表面仕上げを施す職人のことです。

現代建築における内装材には防腐剤が多く含まれており、その中にはシックハウス症候群の原因の一つとされるホルムアルデヒドもあります。そこで、化学物質を含まない土壁、珪藻土、漆喰などが健康住宅を造る内壁用素材として注目を集めてきているのです。
平間工業は、創業当時は左官を専門に行う職人たちの集団でした。そして100年以上にわたり、この伝統の工法を受け継ぎ技を鍛えてきたのです。

珪藻土とは?

植物性プランクトン珪藻の化石でできた土のことです。表面に無数の孔が開いており、この孔が呼吸をすることで室内の湿度を調節したり、臭いを吸着したりする機能があるのです。
100%自然素材のため、最近話題になっているシックハウス症候群の心配はありません。それに加え、様々な機能を持っている珪藻土はまさに最高の内壁素材と言えるのです。


珪藻土の特徴

  • ペット・タバコ・その他生活臭などの嫌な臭いを吸収する吸着機能
  • 汚れが付きにくい防汚機能(鉛筆や手の汚れは消しゴムで、コーヒーなどのシミは自然に消えます)
  • 吸水性・調湿機能で、室内の湿度を快適に調節します
  • 燃やしても有害なガスは出ません
  • 多機能に加え、豊富なカラーバリエーションとデザインパターンで室内を美しく飾ります

漆喰とは?

消石灰に水と砂などを混ぜて練り上げた壁塗り材を漆喰と呼びます。日本の建築に古くから使用されている伝統的な工法で、お城の白壁など外壁・内壁によく使用されます。近代になって洋風住宅が一般的になると漆喰の文化は廃れかけました。しかし、堅牢・高級感・清潔感を持ち合わせ、更にシックハウス症候群を引き起こさない健康的な自然素材として再び注目されています。


漆喰の特徴

  • 消石灰の表面にあいている無数の孔が湿度を調節します
  • 主成分の消石灰はカビや最近の繁殖を防ぎます
  • ペットやタバコの臭いを防ぐ吸着機能があります
  • ひび割れが起こりにくいので、耐久性があり長期間美観を保ちます

施工事例

施工実績

平間工業のスタッフブログ


サイトマップページの先頭に戻る